壊れてしまったスマホを修理に出す前にやっておくこととは?

スマートフォンが壊れたときに見るサイト

スマホが壊れる前に

スマートフォンは現代の日本で生活していくうえで、非常に重要な役割を占めるようになりました。
スマート「フォン」とは言っても、もはや電話として利用する人の方が少なくなってきたのではないでしょうか。
仕事用とプライベート用など、用途に合わせて何台も持つような人も増えてきました。
昔は友人の電話番号や誕生日などはすべて覚えていたものですが、今は携帯電話に頼ってしまっています。
「仕事でメールをするのに使う」
「友達とLINEをするのに欠かせないので、スマホなしの生活は考えられない」
「おサイフケータイがあるから、もう財布がなくても大丈夫」
「ケータイのアプリで健康管理をしている」
「スマホゲームが楽しくて、コンシューマーゲームは買っていない」
などなど、スマートフォンが生活の中心に据えられ、重要な役割を果たすようになりました。
近い将来、スマートフォンなしには本当に生活できなくなる時代が来るかもしれません。
すでにスマートフォンに依存して生きている人もいますよね。
そんなスマートフォン、壊れてしまったら目の前が真っ暗になります。
友達とのLINEの会話は、ゲームのデータはどうなるのだろう。
取引先の連絡先だけでも復元したい。
そう思うのは当然ですよね。
この記事では、壊れてしまったスマホを修理に出す前にやっておくことをまとめました。
壊れてしまったものは仕方ありません。
でも、すべてをあきらめる前に、少しだけ手間をかけて救えるデータは救い出しましょう。

不可欠なスマートフォン

スマートフォンに限らず機械は、調子よく動いていても不意に壊れてしまうもの。 壊れたときにまだ、データが救い出せる見込みがあればよいですが、再起不能になってしまうこともしばしば。 スマートフォンが壊れる前にバックアップを取っておけば安心して使っていられますね。

壊れてもまだあきらめない

「壊れる」といっても、その壊れ方は様々あります。 もし何の反応もしなくなったのなら、残念ながら難しい状況です。 外部から助け出せる可能性もありますが、望み薄でしょう。 ですが、操作できる状態ならまだまだあきらめる必要はありません。 修理に出す前にバックアップを取っておきましょう。

GoogleIDを確認する

せっかくこまめにバックアップを取っていても、復元が出来なければ何の意味もありません。 OS依存のバックアップはそれぞれのアカウントを確認しておく必要があります。 AndroidならGoogle IDを、iPhoneならApple IDをそれぞれ知っておきましょう。