GoogleIDを確認する

IDを確認しましょう

AndroidはGoogleアカウントによって管理されています。
ですので、Gmailを全く使っていない人でも、Googleのアカウントは覚えておくようにしましょう。
バックアップをOSでとってもGoogleのアカウントがわからなければ、復元できません。
また、Googleのアカウントを複数持っている人も、自分のスマートフォンがどのアカウントに紐づけされているかを確認しておきましょう。
AndroidならGoogleのアカウントですが、iPhoneであれば、Apple IDです。
自分のスマートフォンのOSを確認して、それらのIDも忘れないようにしておきましょう。
セキュリティ上あまりお勧めしませんが、どうしても忘れてしまいそうなら、スマートフォンのケースにアカウントのメモを挟んでおくのも有効です。
挟んでおくのは財布でも構いません。

iPhoneの場合

iPhoneの場合には実はもう一つやっておくことがあります。
これは窓口でも必ず言われることですので、特別気にする必要はありませんが、念のため。
それは「iPhoneを探す」機能を切っておくことです。
これは、携帯電話を無くした際に、紛失した端末を追跡したり、現在地を確認するための機能ですが、端末から個人情報が抜かれるのを防ぐ機能としても使われます。
そのため、業者の方が修理しようとなったときにロックがかかってしまい、何もできない状態になってしまうのです。
ですから、「iPhoneを探す」を切ってから修理に出すようにしましょう。
「iPhoneを探す」は設定画面の「iCroud」の奥に項目があるので、いつでもオンオフを切り替えることができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ